【体験記】車種はAudi A4/Q5だけ! 手続き簡単で案外安いSilvercarレンタカー

アメリカでレンタカーを借りるのは、手続きが煩雑だったり時間がかかったりして億劫なことが多いのですが、そんな中SilvercarというAudi車のみをレンタルしているレンタカー会社が、非常に簡単な手続きとリーズナブルな価格で、かなり満足できるサービスでした。

そんなSilvercarについて、そのメリットや会員登録方法、予約方法、実際の利用方法を詳しく解説します。

スポンサーリンク

Silvercarとは

Silvercarはアメリカのレンタカー会社で、提供する車種はAudi A4とQ5のみという非常にユニークな会社です。

AudiA4

Audi A4 (2017年モデル)

もともとは独立した会社でしたが、Audiに買収され、現在はAudiの傘下で事業を展開しています。

Audi A4はドイツの高級自動車メーカーAudiのミドルクラスセダン、Q5はミドルサイズSUVです。ミドルクラスといっても、日本で新車を購入すると500万円は軽く超えるようなモデルです。

実際に借りられるのはどんな車?

実際に借りることができるのは、A4やQ5のミドルレンジに位置するようなモデルです。割り当てられる車によって、年式や装備には若干の違いがあるかもしれません。

私が借りたタイプは上の写真のA4 2017年モデルでした。営業所には最新モデルが多くおいてあり、前期モデルは数台しかなかったため、繁忙期でもない限りは、最新モデルがあてがわれると思われます。

自動ブレーキやブラインドスポットモニターなどの安全系の装備はついていませんでしたが、駐車時に便利なリアカメラは搭載されていました。

ナビゲーション機能が必ず装備されている

年式の違いに関係なく、ナビゲーション機能が全車に備えられています。

AudiA4Gps

2017年モデルのナビ画面 (出展: audi.com)

ちなみにこのタイプのナビはタッチスクリーンではなく、以下のようなコマンドダイアルを利用して操作するタイプのものです。

AudiA4Controller

コマンドダイアル中央はタッチパッドになっていて、文字の入力が可能 (出展: audi.com)

私が借りた車はタコメーターの中央部にもナビが表示されるタイプのものでした。

AudiA4Gps2

タコメーター内部のナビ画面

中央の画面には引いた縮尺の地図を表示して全体的な行程を把握しながら、こちらの画面にはもっと拡大したものを表示しておいて曲がる位置を正確に把握するといったことができ、非常に便利。

有料道路用のトランスポンダー完備

有料道路の通過時に無線で処理を行うためのトランスポンダー (ETCカードリーダーのようなもの)が、全車に装備されています。

通常のレンタカー会社にはこのようなものは装備されておらず、この場合うっかり有料道路を通行すると、ナンバープレートによって通行したことが記録されており、かなり割高な料金を後日レンタカー会社を通じて請求されることもあります(そもそもこの追加の手続きも面倒・・・)。

シルバーカーの車には全て有料道路用の機器があらかじめ搭載されているので、一番安い金額で自動的に清算されるため便利で、何より安心です。

WiFi完備

シルバーカーの車には全てWiFiが搭載されています。スマートフォンをこのWiFiに接続すればインターネットを利用することも可能です。

海外旅行時のインターネット接続は悩みの種のひとつなので、車に乗っていればいつでも利用できる環境にあるというのは心強いですね。

Silvercarを利用するメリット

個人的には、すべての点においてSilvercarは他のレンタカー会社よりも優れていると感じています。

シンプルで簡単かつスピーディーな手続き

簡単、明瞭な予約方法

シルバーカーの予約は、ウェブページかスマートフォンのアプリから簡単に行うことが可能で、予約時によく分からないオプションを選択するような項目がなく非常に明快です。詳しい予約方法については下の方で解説します。

キャンセルも簡単にできるので、利用する予定が無くなってしまったという際にも安心です。

ストレスのないレンタル時の手続き

シルバーカーの最大のメリットは、何と言っても予約から到着時の車の受け取りや返却の際の手続きが非常にシンプル、かつスピーディーに行えることです。実際に体験しましたが、もう他のレンタカー会社には戻れなくなるぐらい快適でした。

アメリカのレンタカーカウンターはストレスの溜まることが多い場所です。なかなか進まない行列、横柄な態度で頼んでもいないオプションを勝手に付ける店員、予約した内容と異なる車種が用意される、返却時に請求される料金がおかしい、などなど・・・。

PassingKey

もちろんそのような場所ばかりでは無いかもしれませんが、実際に全て経験したことがあります。時にはただ予約した車を借りるだけなのに1時間半も待ったこともありました。

ですがシルバーカーではこのような心配は一切ありません。

営業所に到着したら係員がすぐに車をあてがってくれ、必要な手続きをスマートフォン上で行います。この際に係員と何かを交渉する必要はありません。手続きはたったこれだけ。

実際に営業所に到着してから運転席に座るまで5分もかかりませんでした。初回利用時のみ免許証の確認が必要になりますが、これも1分もかかりませんでした。

豊富な装備

すでに説明した通り、シルバーカーの提供するA4にはナビゲーションが標準装備で、WiFiも完備されています。有料道路用の装備がついているのも安心ですね。

またチャイルドシートも連絡すれば無料で用意してもらうことが可能です。ただ数には限りがあるようなので、必ず確認してください。

ちなみにアメリカではチャイルドシートはカーシート (car seat)と呼ばれます。カーシートの借りかたに関する詳しい説明はこちらに記載されていますが、実質行うのは予約後に、予約番号とともにsupport@silvercar.comにメールをして、子供の年齢を伝えてカーシートを確保してもらうだけです。

これらの装備は一般的なレンタカー会社では追加で費用が発生するか、そもそも選択不可能なものですが、シルバーカーであれば追加費用なく利用することができるのは大きなアドバンテージです。

リーズナブルな価格設定

Audiの車を借りれるなんて、さぞお高いのではと思う方もいるかもしれませんが、実は料金設定はかなりリーズナブルで、他の一般的なレンタカーに比べても安いこともあります。

例としてロサンゼルス国際空港で1月26日の午前10時から、1月28日の午後5時までレンタルを行い、車両保険と対人対物保険をつけた同条件で、何の割引も考慮しない状態でSilvercarとAVISの両方で見積もってみました。

まずはこちらがSilvercarの見積もり。

SilverCarEstimate

そしてこちらがAVISのもの。

AvisEstimate

いかがですか?Silvercarが$317、AVISは$338とむしろSilvercarのほうが安い結果となりました。

しかもAVISの見積もりではコンパクトタイプという車格がかなり下の車種、かつナビゲーションやWiFiもありません。これならシルバーカーを選ばない理由はないですよね。

もちろんもっと安いレンタカー会社もあるでしょうし、AVISでもレンタルに利用できるクーポンコードなどもあるので、もっと安くなる場合もあるでしょう。

ですがシルバーカーにもプロモーションコードがあります。例えば記事執筆時には、はじめてのレンタルに利用可能な30%オフの以下のコードが有効です。例えばこのコードを利用すれば、上記の$317は$257まで下がります。

また会員登録の際に以下の紹介コードを利用すると、最初のレンタルが完了した際に$25のギフトカード (通常のクレジットカードのように利用可能なもの)をもらうことができます。やり方は下の方で説明します。

筆者も最初は高級車レンタル専門の少し高い会社なんじゃ・・・と思っていました。ですが全くそんなことはなく、むしろ装備の豊富な良い車が借りられて、手続きがスムーズで、かつ他のレンタカー会社よりも安いぐらいのレベルであるということがわかっていただけたのではないでしょうか。

唯一のデメリット

1点弱点があるとすれば、営業所の少なさかもしれません。シルバーカーは基本的に大都市、及び規模の大きな空港にしか営業所がありません。

日本から行きそうなメジャーどころはカバーされているのでそれほど困ることはないかもしれませんが、決して豊富に営業所があるわけではありません。執筆時に存在している営業所は以下のとおりです。

  • オースティン (Austin-Bergstorm International Airport)
  • シカゴ (Chicago O’Hare International Airport)
  • ダラス (Dallas Love Field)
  • デンバー (Denver International Airport)
  • フォートローダーデール (Ft. Lauderdale-Hollywood Intl Airport)
  • ラスベガス (Las Vegas, McCarran International Airport)
  • ロサンゼルス (Los Angeles International Airport)
  • マイアミ (Miami International Airport)
  • マイアミサウスビーチ (Mondarin South Beach)
  • ニューアーク (Newark Liberty International Airport)
  • ニューヨーク-ブルックリン (Brooklyn, NewYorc: McCarren Hotel & Pool)
  • ニューヨーク-ブルックリンダウンタウン (Brooklyn Downtown)
  • ニューヨーク-マンハッタン (Manhattan, New York: River Place at W. 42nd)
  • オーランド (Orland International Airport)
  • フェニックス (Phoenix Sky Harbor International Airport)
  • ソルトレークシティー (Salt Lake City International Airport)
  • サンフランシスコ (San Francisco International Airport)
  • シアトル (Seattle-Tacoma International Airport)

最新の情報についてはこちらでも確認してください。

Silvercarの会員登録方法

ここではシルバーカーの会員登録の方法を解説します。スマートフォンアプリからも会員登録は可能ですが、ここではウェブページでの登録方法を解説します。

入力しなければいけない内容はほぼ同じだと思いますので、スマートフォンでの登録にも参考にしていただけると思います。

まずはSilvercarのホームページにアクセスします。

SilverCarHomepage

Silvercarホームページ

右上の「Sign Up」をクリックします。すると以下のような画面が表示されます。

SilverCarSignup1

ここでは会員登録に利用するメールアドレスと、アカウントのパスワードに利用したい文字列を入力しましょう。なおメールアドレスは後にログインする際に利用します。

入力が完了したら下の「Sign Up」をクリックしましょう。すると入力したメールアドレスに以下のような確認メールが届きます。

SilverCarSignup2

メールを開いたら「CONFIRM MY ACCOUNT」をクリックしましょう。すると基本情報を入力するページに飛びます。

SilverCarSignup3

BASIC INFOではあなたの名前と携帯電話番号を入力します。携帯電話番号は日本のものである場合、+81をつけて最初の0を除いたものを入力します。例えば「080-1234-5678」の場合、「+81-80-1234-5678」となります。

次は免許証の情報の入力です。まずはCountryでJapanを選択し、フルネームと免許証番号、免許証を取得した都道府県、誕生日、免許証の有効期限を入力しましょう。

SilverCarSignup4

これはアメリカで運転する上では基本ですが、日本の免許証だけではなく、国際免許証が必要な点に注意してください。なお国際免許証は、各都道府県警察署の運転免許課や運転免許センター、運転免許試験場などで、申請を行うだけで取得可能です。

シルバーカーはこちらのページでも説明されているとおり、アメリカに居住していなくても、国際免許証とパスポートで利用可能です。

最後にクレジットカード情報を入力します。特に難しいことはないと思うので、下記の画像を参考に登録してください。

SilverCarSignup5

以上で会員登録は終了です。

紹介コードの入力方法

上で説明した最初のレンタルが完了したあとに$25がもらえる紹介コードは、会員登録完了後に入力することになります。

会員登録後Silvercarのホームページにログインしたら、「Account」を選択します。すると以下のような画面になります。

SilverCarReferral

そして左のメニューから「Refer a Friend」を選択すると、右のような画面が表示されます。こちらで「Referral Code」に下記のコードを入力してください。

なおこちらのコードを利用していただくと、筆者も$25がもらえるので、ご協力いただけるとうれしいです(笑)。

アプリのダウンロード

ウェブページから会員登録をした場合も、必ずシルバーカーのアプリをスマートフォンにダウンロードしましょう。シルバーカーの利用にはアプリが必須です。

SilverCarAppForIos

シルバーカーのアプリは黒の死角に白抜きでSとなっているロゴのものです。別のアプリをダウンロードしないように注意してください。以下がそれぞれのアプリストアへのリンクです。

Silvercarの予約方法

こちらでは、会員登録後にレンタカーを予約する方法を説明します。まずはSilvercarのホームページにアクセスしてログインします。すると以下のような画面が表示されます。

SilverCarBooking1

「Book Now」を選択して予約を開始しましょう。

SilverCarBooking2

最初は上のような画面になるので、レンタルする場所を選択します。すると下記のような画面になるので、「PICK UP」でレンタル開始日時、「DROP OFF」で返却日時を選択します。

SilverCarBooking3

日時の選択が完了すると車種の選択画面になります。大多数の場所においてはA4以外の選択肢はないので、「Select Vehicle」を押して選択します。

SilverCarBooking4

最後に保険内容を選択します。

SilverCarBooking5

選択肢は3つで、シルバーカーから保険を購入するか、自分の持っている保険を利用する、雇用主が用意した保険を利用するのどれかです。

自分の保険を利用することができるのは、アメリカ在住で車を所有している場合だけなので、日本から旅行で来て利用する場合、「Silvercar Coverage」を選択してシルバーカーから保険を購入することになります。

こちらでは「Everything you need」を選択して全てを付加するか、個別に選択するかのどちらかです。それぞれの意味は以下のとおり。

You and your things 運転者自身が怪我をした場合などの補償
Just the car 車両保険
Other people and their things 対物・対人保険

「You and your things」は海外旅行保険でもカバーされているかもしれないので、不要なこともあるかもしれません。レンタカーの運転中には適用されないなどの条件もあるかもしれませんので、自身の契約内容をよく確認してください。

「Just the car」の車両保険と「Other people and their things」は必ずつけておくことをお勧めします。

Silvercarのレンタル時の利用方法

実際にどのような感じで利用することになるのか不安な方もいるかもしれないので、自分が利用したロサンゼルス国際空港での経験をもとに、レンタル時に行うことを説明します。

事前準備

利用日が近づくと、以下のようなテキストメッセージが送られて来ました。

SilverCarMessage

これには到着時にどうするかが説明されているのですが、日本の携帯電話番号を登録している場合、これは送られて来ないかもしれません。

事前に予約番号を伝えてsupport@silvercar.comにメールをして、例えば自分のメールアドレスに到着時の説明を送ってほしいといったリクエストをしておいたほうがよいかもしれません。

到着後

ロサンゼルス国際空港のシルバーカーの営業所は、空港近くにあるパーキングの中にあります。パーキングへは無料のシャトルバスが定期的に出ているので、メールに従って乗り場に向かい、シャトルバスに乗ります。

SilverCarLaxShuttle

シャトル乗り場の標識とシャトルバス

シャトルバスに乗った後、アプリを開いて自分の予約を選択したら、「Find Your Silvercar」ボタンが出ていたので、メールに従ってこのボタンを押しました。

実際にボタンを押した後に起こることは、テキストメッセージをシルバーカーに送るということだったので、日本の携帯電話ではもしかしたら機能しないかもしれません。事前に営業所の電話番号をメモしておき、電話して自分の名前を伝えるのが一番確実です。

SilverCarLaxAtParking

Silvercar営業所への案内看板

シャトルバスがガレージに着いたら、シルバーカーの案内が出ていたので、看板に従って進んで行きます。するとすぐに見つかりました。ロサンゼルス国際空港の営業所は以下のように非常にシンプルで(というよりただの駐車場)、オフィスのような場所すらありませんでした。

SilverCarLax

シンプルな営業所

そこにいた係員に名前を伝えると、すぐそばにあった車を使えとのことでした。私は今回がシルバーカーのはじめての利用だったので、免許証を係員に渡して情報を登録してもらいました。

なお国際免許証を利用する場合は、オリジナルの日本の免許証とパスポートもすぐ出せるように用意しておいてください。

次にアプリを開いてフロントガラスにあるQRコードをスキャンします。

フロントガラスのQRコード

すると契約内容の確認画面が表示されるので進めて行きます。それと同時に車に大きな傷が無いかを確認しました。数ページ進んだら手続きは完了。

係員もスマートフォンで何かを操作していましたが、全てはスマートフォン上で完結するので、契約のやり取りをしたりすることは全くありませんでした。

手続きはたったこれだけ。営業所に到着してから5分とかからずに出発できる状態になっていました。これは便利すぎる。

ちなみにアプリを利用するのでスマートフォンでの通信環境が必須です。通信環境がどうしても用意できない場合は、事前にWiFiが利用できるかを営業所に確認しておくことを強くお勧めします。

空港-営業所間の移動手段は営業所によって様々

空港から営業所までの行き方は場所によって大きく変わるようで、例えば到着時には営業所の人が迎えに来てくれて、返却時には乗っていた車でそのまま空港まで送ってくれるといった営業所もあるようです。

このような場合は到着時に営業所に到着したことを必ず伝える必要があるので、アプリで伝えられなかった場合に備えて、必ず営業所の電話番号をメモしておきましょう。

返却時

返却時はただ同じところに戻ってくるだけです。返却すると係員が簡単なチェックを行い返却は完了です。こちらがすることは特にありません。

返却完了後にはすぐにメールで明細が送られてくるので、実際にかかった金額もすぐにわかります。金額は有料道路等を利用していない限り、予約時のものと同じはずです。

返却後は到着時と同じシャトルバスに乗り、空港へと向かいました。

Silvercarは高機能な高級車をリーズナブルに、かつ簡単に利用できる便利なレンタカー

今までアメリカでレンタカーを借りるというのはわりと億劫な作業だったのですが、シルバーカーの手続きの簡単さには驚かされました。ただでさえ到着時は長時間のフライトや移動で疲れているので、レンタカーを借りる手続きがシンプルだと、その後の疲れが全く違います。

借りられる車もAudi A4とパフォーマンスは十分で、アメリカの速いハイウェイでの合流などでの加速時にも余裕を持って運転ができ、長距離の運転でも疲れにくかったです。

他社で予約した場合、同じ値段でもだいぶ車格の落ちる車で、より装備も劣り、かつ手続きも面倒と全く良いことはありません。我が家はシルバーカーがある場所では、もうシルバーカー以外で車を借りる気はありません。

とても良かったので、もし営業所があるところに行く予定のある方は、利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

シルバーカーの利点まとめ

  • Audi A4という良い車種を借りることができる
  • 予約で色々な契約内容を選択させられることがなく、簡単に予約可能
  • 到着時の手続きがスマートフォンですぐ終わり、全くストレスがない
  • ナビゲーションやWiFiが標準装備で追加費用が無い
  • 一般的なレンタカー会社と比べても高すぎるということはなくリーズナブル
スポンサーリンク

シェアする

フォローする